卒業式や入学式のコサージュにも!ダリアのブートニアの作り方

卒業・卒園

卒業式や入学式にも使えるコサージュにも使えるブートニアが簡単に作れちゃう?!
ダーク色をメインにすればとっても大人っぽい雰囲気のダリアのコサージュ・ブートニアの作り方をご紹介します。

手作り初心者さんでも超簡単にできるので、子どもやママ友とお揃いで作ってプレゼントしてもいいですね。きっと写真を見るたび手作りのあたたかい作品とともに思い出がよみがえりますね。

ブートニアの簡単な作り方

1.まずは、材料をそろえる

今回のブートニアで使う材料をご紹介します。

・ダリア  1本 (造花)
・ベリー  2本 (造花)
・サテンリボン 1m (2cmくらいの幅のもの)
・ワイヤー 20cmくらい 1本

ダリアだけでなく、今回はベリーを入れています。ベリーを入れると、とてもナチュラルな雰囲気に、しかもスタイリッシュに仕上がります。

ダリアの色合いに合わせて、サテンリボンもシックな色合いを選ぶことが大人っぽく仕上げるポイントです。

2.束ねてワイヤーでとめる

ダリアの後ろにベリーを配置し、ダリアとベリーに少し高低さをつけて束ねます。

後ろから見ると、こんな感じになっています。

入学式や卒業式のコサージュとして使う場合は、茎の長さを短めにしておくとシンプルに仕上がります。茎は固いのでカットしにくいですが細いものは、はさみで切り込みをいれぐるぐるとまわすとカットできます。太いものは、ニッパーなどを使って切りましょう。

配置が決まったら、茎の付け根を3~4回ワイヤーでしっかり巻き留めます。

残りのワイヤーはカットせず、下に降ろして長すぎる分ははさみでカットしておきます。

3.茎の部分にリボンを巻く

左に20cmほど残して付け根からサテンリボンを巻き始めます。

最初は上から下へ斜めに巻きおろします。下まで行ったら、今度は上方向に斜めに隙間があかないようきつく巻きます。最後は20cmほど残しておきます。上まで行ったら、残しておいたリボンでかた結びします。

ちょっと分かりにくいので、図解も作りました。

4.リボン結びをしてブートニアの完成!

残しておいた20cmでリボン結びをし、あまったリボンをカットしたら完成です。

まとめ

 手作り初心者でも超簡単にできちゃうダリアのコサージュ・ブートニアの作り方、いかがでしたか?
リボンの色をシックにすると、大人っぽく仕上がります。手作りのコサージュは、あとで写真をみても思い出に残りますね。
使用後は、ガラスのコップや小瓶に挿して、インテリアとして新居に飾れるので、大切な日のアイテムをずっと身近に飾ることができますよ。

コメント