憧れのカサブランカブートニアが10分でできる!ブートニアの作り方

卒業・卒園

結婚式で使う新郎用のブートニアが簡単に作れちゃう?!
しかも、今回はテレビドラマのウェディングシーンや映画などで使われたカサブランカのデザインのブートニアの作り方をご紹介します。

手作り初心者さんでも超簡単にできちゃいます!
結婚式では、新婦さんがブーケを持ちますよね。そのブーケとお揃いのお花でコサージュ風に束ね、新郎さんのタキシードやスーツの左胸につけるのをブートニアといいます。結婚式では必須のアイテムです。

今回ご紹介するのは、豪華さと清楚さで人気のカサブランカのブートニアです。お揃いで作って、お父様や受付の方につけてもらってもいいですね。

1.ブートニアとは? ブートニアの意味など
2.ブートニアはどこにつけるの?
3.ブートニアの簡単な作り方

 

1.ブートニアとは?

ブートニアの歴史は、中世ヨーロッパにさかのぼります。男性がプロポーズするときに、野の花を摘んで花束にして贈りました。相手の女性がOKであればその花束から1本を男性の胸に挿したのが由来です。とても素敵な物語ですね。ちなみに、ブートニア(boutonniere) という言葉は、フランス語で「ボタンホール(襟穴)」を意味する言葉です。

 

2.ブートニアはどこにつけるの?

 由来どおりに言えば、新郎さんのタキシードの左襟のボタンホール近くに挿すのですが、大きめのブートニアはボタンホールより少し下の方に挿すことが多いです。

タキシードのデザインや新郎さんの身長によって違いますので、試着時や当日の朝などに衣裳の方と打ち合わせしましょう。でも、少し高い位置に挿すと、身長が高く見える効果もあります。

 

ブートニアの簡単な作り方

1.まずは、材料をそろえる

今回のブートニアで使う材料をご紹介します。

・カサブランカ 1本 (造花)
・ローズ  1本 (造花)
・アイビー 1本 (造花)
・サテンリボン 1m (2cmくらいの幅のもの)
・フローラテープ 50cmくらい
・ワイヤー 20cmくらい 1本

カサブランカは、花びらの重なり具合で全体の大きさの印象が変わります。花びら同士をより重ねると開花したての繊細なカサブランカに、重ねる面積を少なくするとよりパッと開いた大きく豪華な印象になります。お好みのカサブランカの大きさにしましょう。
写真のカサブランカの花びらには、1枚1枚ワイヤーが入っているので好みの形に開花できます。

2.束ねてワイヤーでとめる

カサブランカとローズとアイビーを少し高低さをつけて束ねます。

配置が決まったら、茎の付け根を3~4回ワイヤーでしっかり巻き留めます。

残りのワイヤーはカットせず、下に降ろして長すぎる分ははさみでカットしておきます。

フローラテープを斜め下に向かって巻きます。フローラテープは、引っ張ると少しだけ粘着力が出てくるテープですので、茎を回しながら斜め下に向かってテープを軽くひっぱりながら巻いていきます。フローラテープを巻くことで、茎の部分がなめらかになりリボンがきれいに巻けます。

3.茎の部分にリボンを巻く

左に20cmほど残して付け根からサテンリボンを巻き始めます。

最初は上から下へ斜めに巻きおろします。下まで行ったら、今度は上方向に斜めに隙間があかないようきつく巻きます。最後は20cmほど残しておきます。上まで行ったら、残しておいたリボンでかた結びします。

ちょっと分かりにくいので、図解も作りました。

4.リボン結びをしてブートニアの完成!

残しておいた20cmでリボン結びをし、リボンの先を写真のようにカットしたら完成です。

材料を揃えるのが面倒という方には、手作りキットもあります
全ての材料が揃ったお手軽なブートニア手作りキットもあります。はさみだけで作れます。

 

まとめ

手作り初心者でも簡単にできちゃうカサブランカのブートニアの作り方、いかがでしたか?
手作りのブートニアを身に着けることができる新郎さんはとっても幸せですね。
挙式後は、ガラスのコップや小瓶に挿して、インテリアとして新居に飾れるので、大切な日のアイテムをずっと身近に飾ることができますよ。

 

コメント