先生や友人へのプレゼントに!かわいすぎる♪お花の手鏡の作り方

ギフト

学校の先生やご友人の誕生日、結婚お祝いや引越し祝いなど、何か変わった手作りプレゼントがないかなぁとお探しの方へおすすめなのが、グルーガンでお花を貼るだけで簡単に豪華にできちゃうお花の手鏡(ミラー)

糸も針も使わないので、夏休みの工作にもぴったりです。夏休みの作品の中でも、作って実際に使えるものっていいですよね。

今回のフェルト工作で使う道具は、「グルーガン」

熱でグルーを溶かし、短時間で接着してくれる便利なグルーガンで、鏡の裏面に造花やレースを貼っていくだけで見たことない豪華なミラーに仕上がるので、ぜひ卒業式の学校の先生へ、また習い事の先生へ、ご友人へのプレゼントや作ってみてくださいね。

 

1.まずは、材料をそろえる

今回のお花の手鏡で使う材料をご紹介します。

・手鏡(裏が平らになっているもの)
・造花(お好きなものをどうぞ)
・レース (なくても可能)

手作りに必要な道具としては、はさみとグルーガンです。

手鏡はプラスチック製のものよりも、シルバー色など高級感のあるものがおすすめ。特に、下の写真の手鏡のようにでこぼこの模様がついているものだと造花の接着面積が広がるので、つるっとした表面のものよりもしっかりくっつきます。

2.手鏡の周りにレースを貼る

手鏡の周りにぐるっと一周レースを貼ります。今回はジュエリー感を出したかったので、ビーズがたっぷり使われているものを選びました。ミラーのまわりにレースを貼ると、横から見たときに造花の茎などが見えにくくなり仕上がりがきれいになります。

3.葉っぱなどを貼ります

まず貼るものは、一番下にくる葉っぱなどの造花です。出来上がりの構図をイメージしながらグルーガンをたっぷりつけてしっかり貼りましょう。金属と造花をきちんと接着させるポイントは、グルーガンで接着したあと指で造花をしっかりおさえて1分ほど密着させることです。

ちょっと面が大きい葉っぱなどを貼っておくと、あとから貼る造花のつきがよくなりますし、隙間がみえにくくなるので全体的な見栄えがよくなります。

4.サブのお花を貼る

サブのお花(メインではないお花)をグルーガンで貼ります。メインを中央に配置する予定の倍は、真ん中をあけてサイドを埋めていきます。小さめのお花から貼り始めましょう。下の写真の場合は、まず紫の小花を貼ってから、ゴールドの花を左右に貼ります。茎の部分にたっぷりグルーを塗り、しっかりミラー土台に密着させます。

5.メインのお花を貼って完成!

メインのお花をしっかりグルーガンで接着したら完成です!隙間があれば、パールやビーズなどをプラスしてもいいですね。

今回は、かっこいいスタイルの先生へのプレゼントでしたのでエナメル素材の光沢のあるお花をメインに選び、エキゾチックなゴールドやシルバー、グリーンなどでちょっとリゾート感を出しました。

横から見たところです。とってもボリューミー♪

造花も花の部分だけを使っているので、重すぎず軽めに仕上がっています。

盛りすぎるくらいのほうがインパクトがあって素敵です。

おすすめグルーガンのご紹介 デザイナー推薦!

プロ仕様でも、低価格なのがおすすめのポイントです。コンパクトなので収納にも便利です。
高評価!プロのフローリストも多数愛用の高品質グルーガン。とってもコンパクトなのに、タフでしっかり接着してくれる万能グルーガンです。

 

おすすめの手鏡土台はこちらです。せっかく使うものなので、エレガントな感じの手鏡土台がおすすめです。高級感が格段にアップします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Country series ハンドミラー だ円(中) G-4007S・シルバー
価格:1831円(税込、送料無料) (2017/7/28時点)

 

まとめ

針も糸も使わない豪華なお花の手鏡の作り方、いかがでしたか?
グルーガンは、すぐに接着できるので工作はとっても楽しいですよ。
こんな手鏡を置いていたら、毎日鏡を見るのが楽しくなりそうですね。

簡単にできてとってもゴージャスなので誕生日プレゼントにもぴったり。グルーガンで貼るだけという簡単手作りなので男性でも作れます。ホワイトデーなどのギフトに手作りしてみてはいかがですか。

コメント