小学生でもできる!フェルトで作るスイーツ - チョコ編

夏休み

美味しそうなチョコのフェルトスイーツが小学生でも簡単に作れちゃう?!

小学生の工作にとても使いやすいフェルト。色も豊富で、はさみでカットしやすく、安く手に入るので夏休みの工作にも使い勝手がいい素材です。

今回は、小学生でも簡単に作れちゃう「糸も針も使わないフェルトスイーツ」の作り方をご紹介します。茶色と白のシックなデザインのチョコレートなので、男の子の工作にもぴったり。食器洗いやお掃除で使うスポンジを土台にして、フェルトを貼るだけだからとっても簡単!

フェルト工作で使う便利な道具は、「グルーガン」

熱でグルーを溶かし、物と物とを短時間で接着してくれる手芸に便利なグルーガン。
グルーガンをお子様が使うときは、必ず大人の方が隣についていてあげてくださいね。
また高温タイプは触ってしまうととても熱いので、グルーガンに慣れないうちは低温タイプがおすすめです。

1.まずは、材料をそろえる

今回のチョコレートのフェルトスイーツで使う材料をご紹介します。

・スポンジ(キューブ状になっているものがおすすめ)
・フェルト 茶色・白 1枚ずつ
・細めの毛糸 白 (なくても可)
・ラインストーンなどの飾り(なくても可)
・ラッピング用の箱など(なくても可)

 

2.スポンジにフェルトを貼る

スポンジの平たい面と同じ大きさに、茶色のフェルトを2枚(上面と下面)カットします。下面に貼らなくてよい場合は、上面の1枚だけでかまいません。

また、「カットしたフェルトの1辺の4倍の長さ×スポンジの高さ」の細長いフェルトもカットします。大きすぎたらカットすればよいので、大体の大きさで大丈夫です。

 

3.フェルトを貼りつける

細長い茶色のフェルトをスポンジの周りに、グルーガンでぐるっと1周をつけます。

指で押さえるとしっかり接着できます。接着したてのグルーは熱いので、少し冷えてから指で押さえます。余ったフェルトは、はさみでカットします。

4.上面のフェルトを貼り、飾りを付けたら完成!

上面の茶色の四角のフェルトをグルーガンで貼ります(写真の右のデザイン)。 細い毛糸を曲線を描きながら、少しグルーをつけて貼り付けたら完成です。

左のデザインは、上面を白のフェルトにしてみました。少し波模様になるようにカットするとまた雰囲気が違いますね。左のデザインには、小さめにカットした茶色のフェルトを丸めて、ラインストーンを1粒のせました。

 

5.ラッピングをする

チョコレートのフェルトスイーツは、ラッピングするとさらに本物のスイーツらしく見えます。箱に入れて、クッション材を敷き、リボンをかけました。バレンタインデーなどのラッピング箱をフェルトスイーツ用に取っておいてもよいですね。

 

おすすめグルーガンのご紹介 デザイナー推薦!

プロ仕様でも、低価格なのがおすすめのポイントです。コンパクトなので収納にも便利です。
高評価!プロのフローリストも多数愛用の高品質グルーガン。とってもコンパクトなのに、タフでしっかり接着してくれる万能グルーガンです。

 

まとめ

針も糸も使わないフェルトスイーツのチョコレート編、いかがでしたか?
グルーガンは、すぐに接着できるので工作はとっても楽しいですよ。
シックな色味なので、男の子の工作にもぴったりです。チョコレートの本物の写真などを見ながら、いろいろデザインを変えてみるのもおもしろいですね。

コメント