簡単!グルーガンで作る天然貝のヘアピン

夏休み

夏休みの工作にもぴったりのグルーガンで作る天然貝のアクセサリをご紹介します。
作り方はとっても簡単! 海で拾った天然の貝殻をレースとピンに貼るだけ。
自分で作るアクセサリは、思い出のつまった素敵な作品になりそうですね。

貝のような固い素材とレースの柔らかい素材や金属をくっつけることができるのは、グルーガンならでは
とっても簡単に作れるから、いろんな貝殻で作ってみてくださいね。

1.準備する材料

用意するのは、ヘアピン・レース・お好きな貝殻。ヘアピンは、台座(平らな面)がついているものを選びましょう。レースは、貼り付ける面積を大きくし、ピンの金属と固い貝殻をしっかりくっつけてくれるクッションのような役割をしてくれます。

2.アクセサリ作りに使う道具

このヘアピンに限らず、コサージュやヘッドドレス、ネックレスなどこのグルーガンがあれば、自分の好きなモチーフやレースを金具や布に貼るだけ!特に、このような異素材をくっつけるときは、高品質なグルーガンがおすすめ。安価なグルーガンは、せっかくの作品もすぐに取れてしまったりするので、高品質のグルーガンをご用意してくださいね。

接着剤と違い、グルーガンは熱で熱した樹脂でくっつけるので、接着も強力で接着がとっても早いんです。

3. 簡単にできる貝のアクセサリの作り方

まず、ヘアピンの台座部分にたっぷりとグルーガンでグルーを塗ります。金属とやわらかい素材など胃素材をくっつけるときは、特にたっぷり塗ります

レースを乗せて、ヘアピン金具にレースをくっつけます。

やけどに気をつけながら、くっつけたもの同士を指でしっかり押さえ、1分くらい密着度を高めるためにしっかり押さえます。レースをはるだけで、貝を貼れる面積が格段に広くなりましたね。またレースの細かい繊維が貝殻をしっかり密着してくれます。

貝殻の周りにグルーをたっぷり塗ります。

レースの上に貝殻をのせます。やけどに注意しながら、貝をしっかり押さえて密着させて簡単天然貝のアクセサリの完成です!

今回は、使い勝手がいいように、シンプルな白の貝で小さい作品にしてみましたが、巻貝やコロンとした貝、ヒトデなどでインパクトのある貝殻で作っても面白いかと思います。
是非、自分だけの天然貝でオリジナルのアクセサリーを作ってみてくださいね。

 

コメント